スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のアニメ

2012.12.30.Sun.03:40
2012年ももう残りわずかとなってきましたね。
今年も私にとっては、アニメに始まりアニメに終わる年でした。

2012年、特に気に入ったのはキルミーベイベーと氷菓のふたつでしょうか。録画したものをまた観たくなるのがこの二つですね。
キルミーベイベーは一話目ではまったく面白いと思わなかったのが、二話目三話目と観ていく内に、やすなとソーニャちゃんのやりとりにどんどんハマっていきました。
じょしらくやえびてんなども、おんなじような現象に合っていますw
こういうこともあるんだと勉強させてもらいましたw
今でもどんなアニメも三話目までは観ようというのは守ることにしています。

氷菓は映像美術や空間演出や音響などがトータルで心地よかったです。
報われない苦い青春、という米澤作品らしさがじわじわと効いてくるのも、たまりませんでした。


この二つの他にも、たっくさんの作品に楽しませてもらいました。
2013年もよいアニメに恵まれる年であってほしいですね。


この記事が今年最後の更新です。
それではみなさまよいお年を!
スポンサーサイト

ビブリア古書堂の事件手帳

2012.12.27.Thu.20:00
クリスマスを過ぎてすっかり年の瀬という雰囲気ですね。
私も仕事納めを終え、すっかり気が抜けています。

あとは忘年会やらで出かけるくらいで、ほかに用事もないのでのんびり年を越したいと思います。


さて、話は変わりますが来年ドラマ化予定の、「ビブリア古書堂の事件手帳」を読みました。
本当はドラマの様子をみてから原作を読もうかと思っていたのですが、ドラマのほうが色々と不安な前評判なので、先に原作を手に取ることにしました。

作者は新人作家さんかと思ったら、電撃文庫などで活躍している三上延さんだったのですね。
さすがにベテランらしい読み易さで一気に読み終えることができました。

本好きの女性が、古本にまつわる様々な事件を解決するという連作短編ミステリなのですが、この古本を題材にしたというのがなかなか目新しい感じでした。(本好きのヒロインという設定で、R.O.Dの読子・リードマンを思い出しましたw)
古本に関する薀蓄なども興味深く、作者自身の本好きな部分がよく表れている気がします。

原作はすでに300万部を超えているようで正直、「そこまで売れるか!?」とは思いますが、読後感などもよくとてもいい作品です。
ほどよいライトさと、鋭い部分と絶妙なバランスで配分されているものが、時代の波に乗った時、大ヒットになるのでしょうね。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

悪の教典観ました

2012.12.21.Fri.02:17
一応ネタバレ注意で。
続きを読む "悪の教典観ました"

スパロボはじめました

2012.12.19.Wed.00:09
いつも仕事をしている間、色々考えることをここに書こうとか思うのですが、仕事が終わるといつも忘れてしまいます。
人に話すほどでもない or 話しそびれてしまった話など、話したい欲求をここで発散しようと思って始めたようなものなのに……。

それって要するに話すほどのことでもないってことですかね。


というわけで話すほどのことでもない雑記です。

超久しぶりにスーパーロボット大戦をやってます。
α外伝以来ですから一体何年振りでしょうかね。

プレイしているのは第二次Zの破戒編です。
別に最新! というほどでもない作品です。
グレンラガンが参戦するので発売当初気になっていたのですが、なかなかプレイする気が起こらなかったのです。
ですが最近になって急にスパロボがやりたくなり、買ってきて今プレイしてます。

まだ感覚が取り戻せていませんが、いろんな作品が入り混じるこのお祭り感覚はとても楽しいですw
知らない作品にも触れられるのもスパロボの良いところですね。
スパロボのおかげで知った作品の多いこと多いこと……。


今年はスパロボをちまちまプレイしながら年を越すかもしれませんw

「犬はどこだ」読了

2012.12.12.Wed.23:48
なんだか読書感想ブログと化しているような…。



「氷菓」や「インシテミル」などで有名な米澤穂信氏の「犬はどこだ」を読みました。
氷菓のように、氏の得意とする日常の謎や青春ミステリとは一味違う、少し大人なミステリに感じました。

都会での生活に敗れ、田舎へと戻り犬探しの探偵業を営む主人公が、犬探しとは無関係な事件の調査をしていく内に、自分自身の快復へと導かれていくというわかりやすいドラマなのですが、ラストはやはり米澤作品です。
謎自体にそこまで衝撃的などんでん返しがあるわけではないのですが、すっきりとしたハッピーエンドでは終わらせてくれません……。

この作品を読んでいて感心したのは、扱われる事件の背景が実にしっかりと説得力をもって描かれていることでした。
作中に出てくる“城山”というものが、実際にはどういったものとして存在するのかは不勉強で知らないのですが……。

作中設定となるバックボーンがしっかりしていると読んでいてとても安心しますね。
こういったものも書けるという、作者の新境地をみることができました。


続編の予定もあるそうですが、まだ出てないようですね。
色んなキャラが出てくるのですが、全員がちゃんと描かれるわけではなく、伏線のように感じた描写などもあったので、それらも続編で補っていくのかと思います。


犬はどこだ (創元推理文庫)犬はどこだ (創元推理文庫)
(2008/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る





……関係無い話ですが、何年も文章を書かない生活をしていたせいか、このブログを書くのがすごくやりづらいです。文章も下手になっているような気がします……。

こうやってブログだけでも書いてさえいれば、文章力も上達していくのでしょうか?

描く速さ

2012.12.12.Wed.07:40
苦いコーヒーを飲みながら。(体重を気にするようになってから砂糖をいれなくなったのです…)



ニジエへ過去絵のいくつかをあげました。

R-18注意
http://nijie.info/view.php?id=30631


自分で自分の絵を振り返ってみるとうまくなっているのかどうか判断しづらいです。
劇的に変わっているわけでもなく、かといって進歩してないとも思いたくはないですし…。

さちこの絵を描いてから、描くスピードについて色々考えるようになりました。
極端かもしれませんが、カラー絵一枚一日で仕上げられるくらいではないと、食べていけるくらいの量はこなせませんよね。
まだまだ作業を効率的にできる方法があるかもしれません。


それと絵を描く上で一番時間がかかったかな、と思ったのが絵の下書きまでの段階でした。
幾度となくラフを描きなおしたりして、それで時間がかかったような気がします。

こういった部分で迷わずにイメージを明確にもって描くことができればいいな、と思います。





こうした他の方の描き方を知るのもとても勉強になりますね。
それが私に向いているかどうかは別問題ですが…w

鬱に弱い

2012.12.08.Sat.02:08
ここ一年くらいずっと、欝なものに対して免疫が弱くなっています。

感受性が強くなったのか、ただ単にメンタルが弱くなっているのかわかりませんが。
闇金ウシジマくんなんかを読むのも、元気のあるときじゃなきゃ無理です。
アニメも内容がシリアスなものは避けて、頭空っぽにして観られる萌えアニメで気分をまぎらわせるなんてこともよくしてます。


そんな私ですが最近読んだ、真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」が鬱になる本でなかなかよかったです。


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
(2011/05/07)
真梨幸子

商品詳細を見る



桐野夏生や湊かなえ的人間の嫌な部分、暗黒面を前面に出した描写で不愉快な人物ばかり出てきて実に胸糞が悪くなりますw
読むとこの世がこんな嫌な人間ばかりなのでは、と思えてきてしまうくらい救いがありません。
そう思わせられるくらいに、描写の説得力があり、読んでいるこっちを向こうの世界に引き込んでしまう文章力がある作家さんでした。
私個人の実感ですが、すごく読み易い上手い文章を書くのは、女性作家さんに多い気がします。


調べたらメフィスト賞出身の作家さんなのですね。
ミステリ的仕掛けもなかなかよかったと思います。

とても面白い本ですが、恐らく二度と読むことはないと思いますw
そういう“コワイ”本でした。

ガンスリ展いってきました

2012.12.07.Fri.01:59
http://www.gofa.co.jp/art/121201_GUNSLINGER%20G/

渋谷のGofaにて開催されています「GUNSLINGER GIRL完結記念展」へ行ってきました。
今日の等身大パネルはクラエスでした。
カメラを持っていなかったので、記念撮影できなかったのは残念です。

複製原画と下書き原稿を各話から抜粋し展示してありました。
カラーの原稿などは展示していなかったのですが、また後半では展示物を入れ替えるとのことなので、ひょっとするとそちらでは展示されるのかもしれません。

人気投票なども行われてました。トリエラの圧勝でしたがw
ちなみに私はリコへ投票しておきました。

お土産にしおりとクリアファイルを買って帰りました。
アートグラフはさすがに手がでませんでしたw


それと新年明けてから桜場コハル先生の展示会もあるらしいのでそれもぜひ行きたいですね。


ついでに両国まで行ってちゃんぽん鍋を食べてきました。完全に孤独のグルメの聖地巡礼ですw
鳥そっぷはあっさりとしててすごいおいしかったですよ。一人前が一人前の量ではなかったですがw

さちこ完成

2012.12.06.Thu.00:16
ニジエとpixivにそれぞれ修正を変えたバージョンで投稿してみました。

R-18注意!
http://nijie.info/view.php?id=30078

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=31935364


せっかく頑張って描いた局部を、モザイクで消さねばならないのが悔しくて、白抜き修正でちょっと抵抗してみました。
でもモザイクも別に嫌いではないですけどね!


完成までに恐ろしく時間がかかった絵です。もっと量産できるように、いろいろ試行錯誤してみようと思います。

しかし輿水さんはなぜこうもレイプしたくなる魅力に溢れているのか・・・。


いまさらながらレイプ目バージョンも用意しておけばよかったと後悔。
以後、気を付けます。

ダイエット

2012.12.04.Tue.21:35
今まで体重計を持っていなかったせいで体重が恐ろしいことになってました。
どうりで体が重いわけです。
ちょっと走りでもすると足がなまりのように動かなくなるわけです。


というわけでダイエットをしてます。
といってもせいぜい、何を食べるか気にする、量を控えめにする、運動をする、くらいなのですが。


エンゲル係数を抑えることには徐々に成功していますが、運動のほうがなかなかどうして……。
一応毎日かんたんにすぐできるということで、スクワットをやっています。
本当に効いているのかどうかは定かではありませんが、「いま…体を鍛えてる…!」という気持ちになれるのは結構楽しいです。

ですが最近スクワットをしてるときひざに痛みを感じるようになってきました。

……これはアレですかね。爆弾ですかね。


一抹の不安を感じつつも、今日もスクワットやってます。

ツイッター

2012.12.04.Tue.03:51
とうとう今年もあとひと月を切ってしまいました。

自分にとっては忙しいような無駄に時間を過ごしたような、例年と変わらない一年になってしまいました。
残り少ない2012年ですが、ここからちょっとでも変えられたら…と思います。


というわけでツイッターを始めてみました。
https://twitter.com/randoseruhig

今のところ何をどう使えばいいのかもよくわかってないので、しばらく様子を見ようと思います。

しかし私はスマホも持っていないので、自宅でPCが動いているときだけしか観ることもできない…。
あんまりリアルタイムでつぶやき合って、コミュニケ―ションをとるという特性が活かされないような…。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。