最近読んだ本

2012.11.28.Wed.01:58
えらく寒くなってきましたね。
はやくコタツを出さないとたえきれません。


最近読んだ本の感想なんかをぼちぼち。


ゴールデンタイム1~5
あの大ヒットラブコメ「とらドラ!」の竹宮ゆゆこ先生の新作です。

とらドラ!同様に、ファンタジー要素などは無い純粋なラブコメ作品です。
第一巻を読んだときはとらドラ!以上に胸がキュンキュンしました。
いいラブコメってこういう感覚にさせてくれるのが上手いですね。

わりと早い段階で主人公とヒロインがカップル成立してしまうので、恋が実った後起こる様々なドラマがテーマとなっているようです。こういうところが普通のラブコメとちょっと違うところでしょうか。
恐らく全十巻くらいで結婚するまでを描いていくだろうな、と予想。


キノの旅XVI

学生のころから唯一読み続けているラノベです。
連作短編でとても読み易いので、ちょっとした時間で少しずつ読めるのがありがたいです。
初期のころのような鋭さは失われましたが、毎回安定した面白さを保っていますね。ですが、もう何巻目なのかわからなくなってきました。
そろそろ巻数表記を直すころあいではないでしょうか?

死人達の国はまさかキノ旅でゾンビものが来るとは思いませんでした。最近ゾンビもの流行ってるからかな?

挿絵のフォトがすごく可愛いです。


眠り人形 向田邦子

爆笑問題の太田さんがよく話題にする作家さんですが、読んだことがなかったので短編集をひとつ手に取ってみました。
家族をテーマにした三本の作品で、元々はドラマ脚本だったものを小説形式に直した作品らしいです。
なのでところどころ誰のセリフなのか混乱してしまう場面があったりしましたが、十分“小説”になっていると思います。

発表された時代がかなり古く、出てくる単語や生活のあれこれが少し時代がかっていて私には逆に新鮮でしたw



ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
(2010/09/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る



キノの旅 XVI the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅 XVI the Beautiful World (電撃文庫)
(2012/10/10)
時雨沢恵一

商品詳細を見る



眠り人形 (文春文庫)眠り人形 (文春文庫)
(1996/08)
向田 邦子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示